総合まとめ速報

2ちゃんねる系掲示板まとめ

2016年08月

人気作品を完全再現!マンガ飯は本当に美味いのか?

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/25(木)11:52:44 ID:???
(略)

やってきたのは、「マンガに登場するあの料理は本当に美味しいのか?」がコンセプトの
「渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋」。明治時代末期の北海道を舞台にしたマンガである、
「ゴールデンカムイ」の作中料理を再現した“ジビエ料理屋”だ。

日露戦争帰りの元軍兵とアイヌ民族の少女が伝説の金塊を求め、陸軍第七師団や新選組の残党らと戦いを繰り広げる本作。
当時の北海道の様子が丁寧に描かれているが、ただの冒険活劇ではない。
何と言っても、作中に登場する食の描写が秀逸。登場するアイヌ料理は強烈な印象を残し、
登場人物たちが美味そうに食らう様子と相まって、食欲をとにかく刺激してくるのだ。

「エゾシカの塩焼き」にすっかりやられてしまったものの、至福のときはまだはじまったばかり。
「ウサギのチタタ(プ)の汁物」は、透き通るような汁。細かく刻んでつみれにしたウサギ肉の脂が溶け出して、
コクと旨みが加わっているが臭みもクセもなく、あっさりとした風味が特徴。
つみれは肉の旨さが詰まり、シャキッとした刻まれたネギがアクセントとなっている。

「子持ち昆布の串揚げ」は、粒ぞろいの卵を備えた昆布が、黄金色の衣を纏った見た目も麗しい一品。
サクッと衣を噛むと、卵が口の中で奏でるのはプチッ、プチッという破裂音。
しかも、昆布を揚げているのは入手困難なシャチの脂肪を使用した油。噛むごとにジュワッと、
甘みと旨み十分のジューシーな脂が溢れ出てくるのだ。

続き 東京ウォーカー
http://news.walkerplus.com/article/85136/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/302

続きを読む

満員電車が臭い、蝉がやかましい…外国人が見た「過酷すぎる日本の夏」

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/29(月)13:48:31 ID:???
満員電車が臭い、蝉がやかましい…外国人が見た「過酷すぎる日本の夏」

リオ五輪も終了し、2020年には東京の番。しかも、そのときはリオと違って真夏の最中だ。
果たして、今以上に来ることが期待される外国人観光客は、日本の夏をどのように感じているのか?

満員電車に階段の多いお寺、日本の夏は過酷すぎる!

インフラ面では日本人のボクらも大いに納得できるこちらの意見から紹介しよう。

「みんな汗だくで乗り込むから、蒸れて臭い、満員電車は超クレイジー。
そのうえ冷房が効いていてすぐに寒くなる。あれじゃ体調を崩すよ」(カナダ人男性)

 日本人にとっても満員電車、特に夏のそれは確かに“ヤバい”。
汗だくのオッサンと体を密着させるなんて、本当はみんな嫌なのだ。ただ、こんな言葉も。

「電車は時間どおりに動いているし本数も多いから、暑いなか待ち続けなくて済むのはいいね! 
乗り換えにたくさん歩かなきゃいけない駅があるのはどうかと思うけど」(ポルトガル人男性)

続き 日刊SPA! 全2ページ
http://nikkan-spa.jp/1178349


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/557

続きを読む

「生活保護ならエアコンはつけられない」は本当か

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/25(木)23:22:16 ID:???
「生活保護ならエアコンはつけられない」は本当か

(略)

「生活保護ならエアコンはつけられない」はウソ
しかし対象にならない世帯も

?現在、生活保護世帯がエアコンを設置する方法は、「健康で文化的な最低限度」から爪に火を灯すような貯蓄だけではない。

?酷暑だった2011年7月19日、厚生労働省は生活保護の実施要領を一部改正し、生活保護世帯が社協の貸付金で
エアコンを取り付けられることとした(厚労省プレスリリース)。それまでも、社協の貸付金でエアコンを
取り付けることは可能だったが、貸付金は収入認定された。貸付金は「召し上げ」られ、にもかかわらず返済をしなくてはならない。
「それでもよければ、エアコンを」ということである。

?2011年7月の通知で、貸付金は収入認定されなくなった。また、貸付金の返済も「収入認定の控除」対象となった。
実質、毎月の生活費に食い込まない形で、エアコンを購入できるようになったというわけである。

?さらに2011年、東京都は独自に、保護費以外の収入のない生活保護世帯に対し、エアコン購入助成を行った(東京都Webサイトより)。
2011年だけの緊急支援であり、上限額は4万円。取り付け費用を考えると、この4万円だけでエアコンを購入することは不可能である。
この助成を利用できたのも、少なくとも2~3万円の自費負担が可能だった世帯や、電気店に分割払いを依頼するだけの
交渉能力があった世帯に限られることにはなったが、この時にエアコンを設置できたことで、
生命や健康への重大なダメージを避けられた世帯は、確実に存在した。

?しかし、「社協の貸付金でエアコンを」は、すべての世帯が対象となっているわけではない。

続き ダイヤモンドオンライン 全4ページ
http://diamond.jp/articles/-/99296


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/279

続きを読む

マクドナルドのセルフレジ導入実験に絶賛の嵐

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/26(金)00:05:11 ID:???
マクドナルドのセルフレジ導入実験に絶賛の嵐

一時期の業績低迷から復活を遂げつつあるマクドナルド。リオ五輪に合わせた「必勝バーガー」シリーズなど、
メニューの面でもファンの心を掴みつつあるが、今度は注文システムを大改革。Twitterでも「これはいい!」と好評を博している。

マックにセルフ注文システムがついに導入!

「マクドナルドが人件費を減らし始めた…」というコメントと共にTwitterにアップされたのは、
マクドナルド大森駅北口店の無人注文パネル。タッチパネルを利用してセルフで注文と会計を
済ませることができるという仕組みで、「正直、これでいいっす」「これはいいかも」と評価するユーザーが多い。

続き exciteニュース/Excite Bit コネタ 2016年8月25日 16時50分
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1472107382240.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/366

続きを読む

コーヒーで「健康になる人」は遺伝子が違う!

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/27(土)05:49:38 ID:???
コーヒーで「健康になる人」は遺伝子が違う!
カギを握るのはカフェイン代謝
The New York Times

(略)

なぜ、コーヒーの健康への影響については、専門家の分析でも相反する結果が生じるのか。その答えは遺伝子にあるらしい。

トロント大学のアフメド・エルソヘミ教授が、コーヒーの効用についての研究結果にばらつきがあることに気づいたのは、約10年前のこと。
コーヒーを1杯飲んだだけで興奮する人もいれば、4杯飲んでも眠気が収まらない人がいるのはなぜなのか。

ひょっとするとコーヒーと心疾患の関係も、人によって違うのではないかと、エルソヘミは考えた。そこで目をつけたのが「CYP1A2」
という遺伝子多型(シトクロムP450という遺伝子の塩基配列の1タイプ)だ。この遺伝子は、カフェインを分解するスピードを決める
酵素(やはりCYP1A2と呼ばれる)に影響を与える。

肝臓にCYP1A2を持つ人は、カフェインを素早く代謝できる。両親それぞれから代謝のスピードが速い遺伝子多型を受け継いだ人
(高活性型)は、代謝のスピードが遅い遺伝子多型を1つまたは2つ受け継いだ人(低活性型)よりも、カフェインの代謝が4倍速い。

エルソヘミの研究チームは、米国立衛生研究所(NIH)の助成を受け、成人4000人(うち約2000人は心筋梗塞の経験者)の遺伝子と
カフェイン消費量の関係を調べた。その結果、1日4杯以上コーヒーを飲む人は、心筋梗塞を起こすリスクが36%上昇するらしいことがわかった。

しかし驚きの発見があったのは、その結果をカフェイン代謝の高活性型と低活性型にわけて見たときだ。コーヒーの大量摂取が
心筋梗塞のリスク上昇につながるのは、低活性型の人だけだったのだ。

「被験者全体でリスクが上昇しているように見えたのは、実は低活性型の人における大幅なリスク上昇が原因だった」とエルソヘミは語る。

続き 東洋経済オンライン 全3ページ
http://toyokeizai.net/articles/-/133176


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/428

続きを読む














メールフォーム




  • ライブドアブログ