総合まとめ速報

2ちゃんねる系掲示板まとめ

【自動車】操作が難しいMT車の方が簡単なAT車より事故率が低い理由

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/18(木)19:17:13 ID:???
操作が難しいMT車の方が簡単なAT車より事故率が低い理由

(略)

「MT車のほうが事故が起こりにくい」ことを裏付ける研究結果がある。

 2004年、鳥取環境大学環境情報学部情報システム学科の鷲野翔一教授(当時)は全国の交通事故を
「右折事故」「左折事故」「出会い頭事故」「追突事故」「正面衝突事故」の5パターンに分けて分析した。
その結果、「正面衝突」を除く4種類の交通事故において、MT車の事故率はAT車の約2分の1だった(「正面衝突」の事故率はほぼ同程度)。

 操作が難しいMT車のほうが、簡単なAT車より事故率が低いのはなぜか。運転操作に詳しい近畿大学の多田昌裕講師(交通情報学)が解説する。

「MT車の運転は、『クラッチを踏む』『ギアを入れる』『半クラッチで繋ぐ』など手間がかかりますが、それゆえ運転に集中する。
しかしAT車の場合、運転が単純作業になり、注意力が散漫になって事故に繋がってしまう。特に、渋滞時にシフトチェンジをしなくて
いいのは楽ですが、そういうときこそ注意してほしい」

 実際、75歳以上のドライバーの34.8%が「運転中の注意散漫で事故を起こしそうになった」という経験があるという(MS&AD基礎研究所調べ、2017年)。

続き Yahoo!ニュース/NEWS ポストセブン 5/18(木) 16:00配信 全2ページ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170518-00000012-pseven-soci

続きを読む

ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却

1: ■忍法帖【Lv=10,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/18(木)15:05:01 ID:DH1
ITmedia ビジネスオンライン 5/18(木) 13:40配信
 ダイエー傘下のオレンジフードコートは5月18日、ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガ―」を、
ホテル事業や不動産事業を手掛けるレンブラントホールディングス(神奈川県厚木市)に7月に売却することを明らかにした。
売却額は非公開。

 ドムドムハンバーガ―は1970年、ダイエーを親会社として展開がスタート。日本マクドナルド(71年)や
モスバーガー(72年)より早くスタートした“日本最古のハンバーガーチェーン”として知られる。

 全盛期の97年は全国に355店舗を構えていたが、ダイエーの不振に伴う閉店が相次ぎ、現在は55店舗にまで減少。
売り上げの低迷が課題となっていた。

 レンブラントに譲渡するのは、55店舗のうち36店舗。残る19店舗は、クレープ店への転換や閉店を予定しているという。

 レンブラントは今後、新生銀行と共同出資を行い、同チェーンの運営会社「ドムドムフードサービス」を新設する予定。
買収後の店舗の運営方針については、「一部の店舗はハンバーガーチェーンとして運営を続ける予定だが、
フランチャイズ店舗の導入など、新たな形態での運営も検討中」(運営本部)としている。

◎Yahoo!ニュース 5月18日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000057-zdn_mkt-bus_all

続きを読む

倒産相次ぐ豆腐業界「適正価格は一丁200円以上」と専門家が警鐘

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/16(火)06:10:46 ID:???
倒産相次ぐ豆腐業界 「適正価格は一丁200円以上」と専門家が警鐘

 ヘルシー志向の若い女性の間でも人気の豆腐だが、スーパーなどによる買い叩きが問題となっている。
豆腐製造には精緻な職人技が要求され、体力的にも厳しい仕事だが、納品価格はどんどん下げられ、
今では一丁20円ほどで売られている。

 農林水産省は今年3月、豆腐が安価で買い叩かれることを防ぐため、スーパーと製造業者間の取引を
適正化するためのガイドラインを発表。農林水産省の担当者は
「日持ちのしない商品で、売り先が地域的にも限られる場合、どうしても買い手側の立場が強くなってしまう。
そこで作り手である食品製造業者に大きな負担がかからないようガイドラインを策定した」と説明する。

 1927年創業の豆腐製造業者、株式会社いづみやの青山隆氏は「スーパーで100円で売られている商品は、
かつては82円で納入していたが、現在は60円以下で、我々の手取りは30円以下。
運送費用や配送センターへの手数料など、負担も大きい」と嘆く。

 また、豆腐の原料となる大豆の価格は高止まりしたままで、生産量も少ない国産は安定的な供給も難しい。
いづみやはかつて、1日15万丁を作ることができる工場を持ち、大手スーパーなど約100社と取引をしていたが、
約10年前にスーパーとの取引を停止し、現在は直売所など、地元客向けに販売を行っているという。

続き Yahoo!ニュース/AbemaTIMES 5/14(日) 16:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00010001-abemav-bus_all

続きを読む














メールフォーム




  • ライブドアブログ